動脈硬化や心疾患は目立った症状があらわれることなく進行する病気です。気付いたときにはかなり悪化していることも。睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるなら、早めに相談しましょう。